8/4 「詩の遠足」原爆の図 丸木美術館に行ってきました

連日の酷暑ですが、8月4日は詩のワークショップ番外編、詩の遠足で、
埼玉県東松山市にある「原爆の図 丸木美術館」へ行ってきました。

この美術館は名前のとおり、《原爆の図》の連作で有名な
丸木位里・丸木俊という画家であり夫婦であった二人の、
アトリエ兼住居跡に建てられた施設です。
全15部の《原爆の図》がすべて展示されているほか、
晩年の、南京大虐殺やアウシュビッツ、水俣病を主題とした大作も
あわせて観ることができます。

建物は都幾川のほとりにあります。
こんな猛暑でも、木陰に吹き込む風が涼しく感じられたのは、
周辺の豊かな緑と、広い土の地面のおかげでしょう。
全人生を捧げて《原爆の図》を描いた二人の画家が、
なぜこの土地を住処としたのかが、ほんの少しわかるような気がしました。

IMG_0580
(右端はボランティアガイドの小高さん。わかりやすく丁寧に解説いただきました)
IMG_0583
IMG_0582

《原爆の図》を直視することは、けっして容易なことではありません。
原爆投下の瞬間を写真や映像に収めることは、誰にもできなかった。
物理的な条件だけでなく、そうできる鉄のような精神をもつ人間がいたとは
到底おもえません。
人間が人間でない死に方をしていく、それも膨大な数の、
人間のみならず、動物も、植物も、地上にある数多の生きものが、
人間の作ったものによって、いのちを失ってしまうこと。
この事実を、目を逸らさずに受け止めるには、
大きな、大きな勇気がいります。

丸木位里・丸木俊という二人の画家は、彼らの生涯をかけて、
原爆投下のつらく悲しい現実へ向きあうことに、挑んできたのです。
画家にとって絵を描くことは「よろこび」であるはずです。
絵筆を動かしている時間は、たのしい気持ちでもあったでしょう。
しかし画中の、被爆した一人ひとりの人間を、わが事として感じなければ、
とてもあんな絵は描けません。
そこに渦巻くさまざまな情感や精神の葛藤、
引き裂かれそうになる自分自身の矛盾、そしてその混沌こそが
《原爆の図》には描かれているのかもしれません。
「悲惨」「脅威」「悪」だとか、
「美しさ」「哀れみ」「慈愛」だとか、
簡単に一語で言い切れるはずがない、生きていることの奇蹟を
総体として受け止めていく行為が、芸術というのではないか……
そんなことを考えました。

企画展として開催中の「紙芝居ができた!」では、
詩人のアーサー・ビナードさんが《原爆の図》をもとに作った
新作紙芝居と、その制作過程を観ることができます。
7年の歳月をかけて完成した『ちっちゃいこえ』。
丸木位里・丸木俊の意思を受け継いだ、すばらしい紙芝居です。
小さい子どもだからこそ、ほんとうのことを見てほしい。
体裁や手前の利益を目的として、
ハリボテで隠したり、薄っぺらい美学を教えるのではなく、
人間のこわさも、生きることの苦難も、いのちの残酷さも、
ちゃんと受け止めて、
ちゃんと泣いて、ちゃんと笑える人になってほしい。
詩人のそんな想いが感じられる内容でした。

*
今日は8月6日、広島に原爆が投下されたその日です。
1945年から74年もの年月が過ぎましたが、
受け渡していけるものは、まだまだたくさんあるはずです。

IMG_20190804_130232_hdr
(丸木美術館ひろしま忌では、都幾川にとうろうを流すそうです。
暑いなか、スタッフの方がとうろう作りをされていました)
IMG_20190804_130204_hdr
IMG_0589
(美術館のショップではこんなかわいいポストカードが売っていました。
「原爆の図保存基金」に寄付されるそうなので、ぜひご購入を!)

6/28 リーディング・パフォーマンス イベントのご案内

梅雨本番ですね。
空気が重い日々ですが、気持ちは軽やかにいきたいものです!

イベントのご案内です。

来週、6月28日(金)19:30〜 @3331ArtsChiyoda にて、
Higgaion selahというユニットによるリーディング・パフォーマンスを開催します。​

詳細は以下をご覧ください。
皆様のお越しをお待ちしております!

**********************************

Higgaion Selah(ヒガヨン・セラ)

https://www.higgaionselah.com/
info.higgaionselah@gmail.com(問い合わせ先)

奥間埜乃(詩人)、田中教順(音響/パーカッショニスト)、
藤原安紀子(詩人)、山本草介(映画監督)、
の4名で行なうリーディング・パフォーマンスです。

詠い上げるわたしは判然とせず、
ちいさな囁きの波にかき消され、
あらゆることばは充満していき、
わたしでもあなたでも何者でもなくなるリキッド化した空間が生成されていく、
その瞬間の連続は身体としての声の可能性を逆照射するかもしれません。

ひとによってそれはただのノイズ渦巻く煩わしい場、
美声が通る朗読を裏切る時間であり、
荘厳な雰囲気が霧散する崩壊現場であるかもしれません。

それも含め、
ときに適当にときに熱っぽくときに冷静に行なわれるわたしたちの試みに、
響きわたる声の残滓に身を委ねていただきたく思います。

(文責:奥間埜乃)

フライヤーA5_ WEBフライヤーA5_裏map

6/2は「詩の遠足」を開催

さる6月2日に詩のワークショップクラスの皆さん、計7人で隅田川東岸のいわゆる「墨堤」で石碑めぐりの「詩の遠足」にでかけました。

IMG_1

訪れたのは
●向島百花園●白鬚神社●長命寺 ●弘福寺●三囲神社●隅田川神社●木母寺
の7箇所。

IMG_8

いずれの場所も江戸中頃から大正頃までの石碑がたくさん残っている場所です。
江戸時代の書は「御家流一辺倒で形骸化している」といって書道史上ではあまり重要視されないのですが、実際に石碑を見てその文字を指でなぞったりすると、昔の人の息吹が感じられるような気がしてきます。

IMG_7

石碑によって使われている書体もさまざまで、言葉を運ぶ文字のスタイルとしては、現在の「タイポグラフィー」よりも昔のほうが百花繚乱ではなかったのではないかと思います。

IMG_5

ナビゲーター:古賀弘幸さん

途中で「言問団子」で休み、帰りは浅草まで出てそば屋でいっぱい。幸い雨もふらず、皆さんよく歩きました!

IMG_2

今回の墨堤以外にも、谷中墓地や青山墓地など、石碑がまとまって見られる場所は都内にいくつかあります。

IMG_6
私としては、文字のありようがなにを運ぶのか、そして書物だけではない、都市や風景の中の「文字の場所」について引き続き考えたいと思っています。立派な石碑だけでなくても、落書きのようにすぐに消えてしまう文字の行方についても…。

IMG_12

また機会がありましたら、ご一緒しましょう。

 

 

以上、この日のナビゲーター:古賀弘幸さんによるレポートでした。

参考までに、古賀さんのご著書、下記リンクよりご覧ください。

『書のひみつ』

『文字と書の消息』

次回、詩の遠足は「丸木美術館」。8/4を予定しています。

詳細はお気軽にお問い合わせください。

 

6/8 海老塚季史 個展「日々との会話」トークイベントのご案内

6月に入り、関東もそろそろ梅雨のおとずれを予感しますが、
それまでに目いっぱい晴れておこうと、空はまぶしく元気です。

詩のワークショップは5月から休暇期間に入っています。
けれどこの間にも、「詩の遠足」や「詩のカフェ」など、
通常のワークショップとは異なる、番外イベントを予定しています。
一般の方が参加できるプログラムもありますので、
ご興味のある方は、学園坂出版局、もしくはこのブログまでお問い合わせください。

<学園坂出版局>
g.zaka.press@gmail.com
Tel/fax 042-202-0423

***************************

トークイベントのお知らせです。

5月31日(金)〜6月9日(日)まで、西荻窪の数寄和というギャラリーにて、
海老塚季史さんの個展を開催しています。

海老塚さんは非常にユニークな染織家です。
いわゆる糸をつかった織物ではなく、
日常生活にあるあらゆるモノを織りあげて作品をつくられます。
その素材は、たとえばスーパーのレジ袋だったり、ビデオテープだったり、
紅茶の包み紙だったり……
それらはまるで現代美術のオブジェと言いたくなるような、
自由で、かつ多くの問題提起を孕んだ作品です。

今回も、意外な素材を用いた新作が展示されています。
ご興味のある方はぜひお運びくださいませ。
https://sukiwa.net/archives/4949

なお、6月8日(土)16時〜
藤原安紀子がトークイベントのお相手をつとめます。
染織と詩、あるようでないような接点を軸に、ざっくばらんに会話します。
無料イベントですので申し込み不要、どうぞふらりと遊びにいらしてください!

1bf970e80e04c82e3e1926b1704cba2a-768x1024

 

5/1 詩のプレゼンテーション!

2016年にスタートした詩のワークショップは、この春で4年目をむかえます。

そこで、これまでの3年間の成果を祝して、ワークショップ参加メンバーとともに

来たる5月1日(祝)14:30~、詩のプレゼンテーションを開催します!



通常は原稿用紙におさまっているはずの詩が、

音を、色を、かたちをもって、学園坂スタジオの空間にあらわれます。

朗読あり、音楽や映像のパフォーマンスあり、絵画やオブジェの展示ありと、

非常にもりだくさんの発表内容となっています。

ぜひみなさま、お友だちもいっしょに、遊びにいらしてください。

(参加無料です! 詳細は添付のフライヤーをご覧ください)



また、当日16:00~は、詩のワークショップ参加者の一人でもある

奥間埜乃さんの第一詩集『さよなら、ほう、アウルわたしの水』

刊行記念特別パフォーマンスも開催します。

こちらもどうぞご期待ください!

フライヤー 2019.5_1

3/9,24 詩の発表テーマ「なごり」

詩のワークショップでは、自作の詩を発表することができます。
毎月、異なるテーマのもと、オリジナルの詩作品を募集しています。
「詩を書いているけれど、発表の機会がない」という人、
「自作の詩について、意見や感想を聞きたい」という人、 
この機会にワークショップで詩を発表してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月のワークショップ日程は以下の2日です。
内容は同じなので、どちらかご都合のよい日にご参加ください。
(両日共の参加も歓迎です!)

日時:3月9日(土)14:00~17:00
   3月24日(日)10:30~13:30

場所:学園坂スタジオ
発表者人数:各回10名まで
参加費:各回2,000円

自作の発表について、3月のテーマはコチラ↓

・テーマ:なごり

・作品提出期限:3月6日(水)...3/9参加の場合
        3月20日(水)...3/24参加の場合

・発表は1人1篇ないし2篇(長すぎないこと)

規定内で発表の形態をかんがえてください。
(テーマは2月に紹介した詩人 関口涼子から拾っています)

発表希望者は先着順で受け付けます。
作品提出期限と同時に受付を締め切りますので、ご注意ください!

初めての方はこちらから参加お申し込みください。
https://www.gakuenzaka-press.com/poetry

発表は義務ではなく、任意ですので、聴講のみのご参加も大歓迎です。
(参加人数に制限は設けていません)

質問や相談などがあれば、気軽にお問い合わせください。
みなさまの参加をお待ちしてます!

2/16,24 詩の発表テーマ「ライト・ヴァース」

詩のワークショップでは、自作の詩を発表することができます。
毎月、異なるテーマのもと、オリジナルの詩作品を募集しています。
「詩を書いているけれど、発表の機会がない」という人、
「自作の詩について、意見や感想を聞きたい」という人、 
この機会にワークショップで詩を発表してみませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2月のワークショップ日程は以下の2日です。
内容は同じなので、どちらかご都合のよい日にご参加ください。
(両日共の参加も歓迎です!)

日時:2月16日(土)14:00~17:00

   2月24日(日)10:30~13:30

場所:学園坂スタジオ
発表者人数:各回10名まで
参加費:各回2,000円

自作の発表について、2月のテーマはコチラ↓

・テーマ:ライト・ヴァース

・作品提出期限:2月13日(水)...2/16参加の場合

        2月20日(水)...2/24参加の場合

・発表は1人1篇ないし2篇(長すぎないこと)

規定内で発表の形態をかんがえてください。
(テーマは1月に紹介した詩人 黒瀬勝巳から拾っています)

「ライト・ヴァース」、漠然としたテーマですが、
辞書にある意味だけでなく、自由に解釈してください。
文学的カテゴリーとしての「ライト・ヴァース」にも特化する必要はありません。
各々が考える「ライト・ヴァース」を思い描き、詩をつくってみてください。
というと、かえって悩んでしまうかもしれませんが、正解も不正解もありません。
楽しんでチャレンジしてください!

発表希望者は先着順で受け付けます。
作品提出期限と同時に受付を締め切りますので、ご注意ください!

初めての方はこちらから参加お申し込みください。
https://www.gakuenzaka-press.com/poetry

発表は義務ではなく、任意ですので、聴講のみのご参加も大歓迎です。
(参加人数に制限は設けていません)

質問や相談などがあれば、気軽にお問い合わせください。
みなさまの参加をお待ちしてます!